現代社会で生活しているにあたっては、体の内側には人体に悪影響をもたらすケミカルな物質が蓄えられ、その上己の体内でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と生まれていると喧伝されているようだ。
お肌の奥で誕生した肌細胞はゆっくりと肌の表面へと移動し、結果的にはお肌の表面の角質層となって、約28日経てば自然にはがれ落ちていきます。これらの活動こそがターンオーバーというわけです。
我が国において、肌色が透き通るように明るくて黄ぐすみやシミが存在しない状態を望ましいと思う風習が前から広まっていて、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

日本皮膚科学会の判定指標は、@激しい掻痒感、A特徴的な発疹とその場所、B慢性と反復性の経過、3点全部合っている病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)」と言う。
尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を添加している美肌水は低刺激で肌に優しく、乾燥肌の人に最適です。防腐剤や芳香剤等の余分なものを加えていないため、お肌の敏感な方でも使えるのが特長です。
ネイルケア(nail care)とは、手足の爪や指を手入れすること。ヘルスケア、美容、ファッション、皮膚科医による医療行為、生活の質(quality of life)の保全など色々な活躍の場があり、既にネイルケアは一つの確立された分野と言うことができる。
ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、身体の内側に溜まっているあらゆる毒を体の外へ排出させることに主眼を置いた健康法でダイエット法というよりも代替医療に区別されている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短縮した言葉です。
肌のターンオーバーが滞りがちになると、ありとあらゆる肌のエイジング現象やトラブルが起こります。老けて見られるしわ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・くま・弛み・ニキビ・乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないほどです。
早寝早起きと並行して一週間に2、3回自分が楽しいと感じることを続ければ、心身の健康力は上がります。このようなケースもよくありますので、アトピー性皮膚炎にお困りの患者さんは皮膚科の医師を受診してみましょう。
日本の医学界がQOL重視の空気に包まれており、製造業に代表される市場経済の完成と医療市場の大幅な巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ最近一気に注目されはじめた医療分野なのだ。
つい時間を忘れてPCの画面に集中してしまって、眉間に縦じわ、且つ口角を下げたへの字ぐち(因みに私はこの形をシルエットが似ているので「富士山ぐち」と勝手に名付けました)ではないですか?これはお肌の大敵です。
どうにかできないものかとの一心からやみくもにフェイシャルマッサージをする方がいますが、ことさら目の下の皮膚は刺激に敏感なので、ただただ擦るように力任せにおこなう粗っぽいマッサージは悪影響をもたらします。
肌の細胞分裂を促進し、皮膚を再生させる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している時間帯にはほとんど分泌されず、日が落ちてからゆっくりと体を休めくつろいだ状態で分泌されます。