記事タイトル01

アトピーという病名は「不特定な場所」という意味のギリシャ語の「アトポス」に由来して、「何かしらの遺伝的な因子を持った人のみにあらわれる即時型のアレルギーに基づいた病気」に対し名付けられたと言われている。
ネイルケアというものは爪をより健康な状態に保っておくことを目的としているので、爪の健康状態を知っておくとネイルケアのテクニックの向上により役立つし理に適っているのだ。
肌の若さをキープする新陳代謝、要するに肌を生まれ変わらせることが可能なタイミングというのは実は限定されており、それは深夜寝る時だけだということです。
健やかな身体にもみられるむくみだが、これはむくんで当然。特に女の人は、脹脛の浮腫を防ごうとするようだが、人ならば、下半身が浮腫むのは自然な状態である。
頭皮は顔面の皮膚につながっており、おでこもスカルプと均一だとみなすのはあまり知られていません。老化に従って頭皮が弛むと、顔面の弛みの要因となってしまいます。
ダイエットに効果的ということで名を馳せたデトックスとは、人間の身体の中に澱のように蓄積されたあらゆる毒を体外に排出するというシンプルな健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に大別される。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形だということはあまり知られていない。
残業、終電帰りの飲み会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当や朝食の準備…。お肌が荒れると知ってはいても、実際の生活では満足できるだけの睡眠時間を確保できない方が大半を占めると思います。
アトピー要因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)のうち一つ、若しくは複数)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる素因、など。
美容整形をおこなう美容外科は、正確には外科学の中のジャンルであり、医療中心の形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは別種のものである。また、整形外科とも混同されやすいのだがこれは全く分野の異なるものだ。
内臓の元気具合を数値で計測してくれる性能の良い機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、自律神経のコンディションを測ることで、内臓のトラブルが分かるというのです。
美容外科(Cosmetic Surgery)は、ヒトの体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、もっぱら美的感覚に基づく人間の身体の容貌の向上を重視する臨床医学の一種であり、完全に独立した標榜科のひとつだ。
お肌の乾燥の因子であるセラミドと皮脂の量の減退は、アトピー性皮膚炎などの先天性のものと、逃れようのない年齢やスキンケア化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものに大別することができます。
もうひとつ挙げると、たるみに深く関わってくるのが表情筋。これは様々な表情を作る顔に張り巡らされている筋肉のことです。肌の真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋肉の動きも加齢に従い鈍くなるのです。
日光を浴びたことによってできてしまったシミをどうにかして薄くしようとするよりも、発生しないように予め予防したり、お肌の奥に隠れているシミの予備軍を防御することの方が大事って分かっている人はまだ多くありません。
明治末期に異国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋式の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介した結果、これらをまとめた日本語のひとつとして、美容がけわいの後釜として扱われ始めた。